食材へのこだわり

トップページ > 食材へのこだわり

BLACK PIG黒豚

薩摩の豚の歴史は、今から約400年前。島津家により鹿児島に移入されたことが始まりと言われています。

全国にその名が知られたのは幕末から明治の頃。当時の水戸藩主・徳川斉昭へ薩摩の豚が献上され、それを食した斉昭より「いかにも珍味、滋味あり、コクあり、なによりも精がつく」と賞賛されました。斉昭の息子、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜も豚肉が大好物で、「豚一様」と呼ばれていたとか。西郷隆盛も豚料理を好んで食べていたと言われています。
明治時代、肉質の優れたバークシャー種と交配することで、元来の良さがさらに磨かれ、今に受け継がれています。
現在は純粋バークシャー種の交配により誕生した豚を「黒豚」と呼びます。
全身が黒毛で覆われ、鼻先と尾、4本の足首が白い、通称「六白」が特徴です。

おいしさの秘密

旨みたっぷり
白豚などに比べ、アミノ酸や中性糖の旨味成分が多いと言われています。とろけるような甘みの由縁です。
歯ぎれよく柔らかい
繊維質が細くきめ細かな肉質で、歯ぎれよく柔らか。脂肪中の水分が少なく、口あたりの良さが魅力です。
良質な脂
さつまいも入りの特製飼料を与えることで脂肪の解ける温度が高くなり、脂の甘みも増します。良質な脂のおいしさをさっぱりと楽しめます。

KUROGE WAGYU黒毛和牛

きめ細やかな肉質とバランスのよい霜降りで、
風味とコクのある美味しさが特徴

日本で飼育されている和牛の9割が「黒毛和種」。

なかでも鹿児島県の黒毛和牛の生産量は日本一を誇ります。きめ細やかな肉質とバランスのよい霜降りで、風味とコクのある美味しさが特徴です。

CHICKEN桜島どり・赤鶏さつま

地元鹿児島でも愛される桜島どり

「活性めかぶ」「ハーブ」「お茶」などを配合したこだわり飼料で健やかに。
豊かな風味と歯ざわりのしっとり感が地元鹿児島でも愛される由縁です。

「純国産鶏種たつの」から生まれた赤鶏さつま

「純国産鶏種たつの」から生まれた純国産鶏。

「ハーブ」や「麦」など植物を主としたこだわりの飼料で、風味の良さとほどよい歯ごたえが楽しめます。

EELうなぎ

うなぎ生産量日本一の鹿児島県のうなぎ

養鰻に適した温暖な気候とシラス台地に濾された豊富な地下水に恵まれ、ふっくらと身が厚く適度に脂がのったうなぎが育まれます。

温泉どころでもある鹿児島。指宿地方では自然の温泉水を使った養鰻も盛んです。

SAUCEこだわりのソース・タレ

松栄軒オリジナルの醤油を使用

地元の藤本醸造様にこだわりのブレンドでオリジナルの醤油を作っていただいております。鹿児島の特徴である甘みと風味にこだわっております。

すき焼きのタレ(割り下)

東酒造のたかさごのみねという鹿児島の地酒を独自配合したたれを作って使用しております。

特製ダレ

黒豚商品等によく使っているタレは赤麦味噌と焼酎を独自配合し、オリジナル醤油と配合して美味しく仕上げてます。